※本ブログの記事には広告が表示されます。

【簡単!】かわいい子供の描き方~子供の体の比率とバランス~

スポンサーリンク
簡単!かわいい子供の描き方~子供の体の比率とバランス~ 人体の描き方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

《レベル:初級者向け》

今回は子供の体の比率と描き方についてです。

子供を描いたのに大人に見えてしまう…。

絵を描きはじめたばかりの頃によくある問題です。

おそらく、その原因は子供特有とくゆうの比率になっていないからです!

子供は前回のアジア系の人種や萌えキャラと同じく変わった比率の人体になっており、そのことを知らないとどんなに頑張って描いても子供が子供に見えません。

今回は子供の体の比率や頭身を主に、子供が大人になる原因とその対策について解説します。

子供がおっさん化してしまう悲劇ひげきとは今日でおさらばしましょう!

※本ブログの記事には広告が表示されます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回の授業内容と難易度

今回の内容です。

子供がおっさんになる原因げんいん対策たいさく

子供を子供らしく描くための比率とバランス

今回は子供を子供らしく描く知識とコツについて説明します。

  • 難易度なんいど 2:☆☆☆
  • 重要度じゅうようど 4:★★★★☆
  • 画力向上度がりょくこうじょうど 4:★★★★☆

内容はそれほど難しくないですが、子供を描く上での重要度と画力向上度は高めです。

子供を描いたつもりがキモいおっさんになるという悲劇にみまわれつづける方に、その原因と対処たいしょ方法をお伝えします。

子供を子供らしく描くには子供特有とくゆうの体の比率とバランスを知ることが大切です。

あなたの描く子供が子供っぽくならない原因げんいんも含めて解説します。

子供がおっさんになる悲劇とその原因

かわいい子供を描いたはずなのにおっさんが爆誕ばくたんする…。

実は、これは人類が何百年も前からくり返してきた悲劇ひげきなのです。

この「何百年」というのは実は誇張こちょうではなく、古い絵画や宗教画しゅうきょうがにも明らかに子供が大人になってしまっている例を見ることができます。

マヌイル・パンセリノス『生神女進殿』
マヌイル・パンセリノス『生神女進殿』 
子供が大人になっている例 3歳設定のマリア様が大人を小さくしたような姿で描かれている
出典:「ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典」 Manuel Panselinos – http://sankire.narod.ru/Panselin.html, パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=9853895による

絵を描く人間にとって、子供が小さい大人になる問題は長い歴史のある悩みなのです。

この問題は絵の描き手が子供の体の比率やバランスについてよく知らずに、大人の体の比率やバランスをそのままあてはめて子供を描いていることが原因でおきます。

問題の原因が明確なため対処たいしょの仕方は、実は簡単です。

子供の体の比率とバランスを知ればよいのです。

それを知らずにどれだけ大人を小さくしても子供にはならないのです。

大人とは異なる子供の体

ひと言で「子供」といっても年齢ごとの体の成長具合せいちょうぐあいはさまざまです。

1歳と12歳では、同じ子供でも見た目が大きく違ってくることはわかると思います。

年齢別ねんれいべつの子供を描くには、体の成長にあわせた比率やバランスを知る必要があります。

人間の体は成人して以降は老化がはじまるまで体形が大きく変わることはほとんどありませんが、子供はそれこそ17、18歳前後くらいまでは体が大きく成長し、見た目も大きく変わります。

子供は生まれてから成人する頃まで骨格こっかくや筋肉が成長をつづけます。骨はどんどん形を変えながら大きくなり、体を動かすことで筋肉も発達はったつしていきます。

子供を描く時は、その子供が何歳なのかということを頭において描くことが大切です。

大人と子供の後ろ姿
大人の体の比率と子供の体の比率は明らかに違っているのがわかる
出典:Pixabay Nato PereiraによるPixabayからの画像

明らかなことは大人の人体比率やバランスをそのまま子供を描く時にあてはめても子供の姿にはならないということです。

子供らしく描くためには体の比率とバランスが重要

子供の体の比率とバランスは年齢で変わるのですが、今回は特に3歳前後の幼児ようじと10歳前後の小児しょうにを例にして子供の比率や描き方を説明します。

3歳児の体の比率と描き方

まずは3歳児について説明します。

3歳男児の平均的な身長は90cm~100cmくらいです。大人の腰くらいですね。

しかし、大人の比率で描いた人体を小さくして並べてみても子供には見えません。

大人の子供の違いは身長差だけではない

子供を描く時に重要になるのは頭部と体の比率とバランス、つまり頭身です。

子供は体に対してかなり頭の割合わりあいが大きいです。

しかもその割合はおさなければ幼いほど頭の方が大きくなります。

子供を子供らしく描くポイントのひとつは頭を大きく描くということになります。

3歳児であれば5頭身とうしん(頭1に対し体4の比率)くらいで描くとよいでしょう。

子供を描くには特別な体の比率を知ることが大切

幼児は胴体が長く、脚が短くなる、胴長短足どうながたんそくの体形になります。

頭を含めた上半身じょうはんしんが3、脚が2くらいの比率です。

体の比率を3歳児のものにあわせた子供を大人のとなりにならべてみましょう。

比率をあわせた子供と大人の比較

今度は小さな大人ではなく、子供がならんでいるように見えるようになったのではないでしょうか。

10歳の少年の体の比率と描き方

つづいて10歳の少年です。

10歳男児の平均身長は135cm~140cm前後になるようです。

3歳の時よりかなり身長がのびます。脚や胴体の成長にくらべ頭部はあまり大きくなりません。

10歳くらいの少年だと頭身は6.5~7頭身を目安として描くとよいでしょう。

ラフを描いてみましょう。

10歳少年のラフ

子供も成長すると全身に対する頭部のめる割合わりあいが小さくなってきます。骨が伸び、脚が長くなります。活発に動くことで少しずつ筋肉がつき、逆に脂肪は減ってスリムなシルエットになります。

3歳児を描いた時のラフとくらべて見ます。

10歳と3歳の頭身比較図

頭の割合は6.5~7頭身になり、かなり大人の比率に近づいてきます。

個人差こじんさもありますが、大人でも6.5~7頭身くらいの頭身の人はかなりいます。

ラフの上から10歳少年のモデルを描いてみます。

10歳少年の体の比率

頭身が大人に近づく一方で体の方はまだまだ成長途中とちゅうです。骨や筋肉も未発達でやせています。

骨や筋肉は10代に入ってから、10代後半にかけて完成していきます。

これも先ほどの大人のモデルのとなりにならべてみましょう。

10歳少年と大人の比較図

さらに3歳児のモデルも比較用にならべてみると成長するにつれて頭部の割合が小さくなっていく様子がわかると思います。

今回は3歳と10歳の子供の比率について説明しましたが、他の年齢の子供もこれを参考に頭身を大きくしたり小さくすることで描くことができます。乳児で4頭身、15、6歳で7.5頭身くらいになり、それ以上の年齢では頭身は大人と変わらなくなります。

要点まとめ

では、今回の要点をまとめておきます。

  • 大人を小さくしても子供にはならない
  • 子供を描くためには子供の体の比率、バランスを知ることが重要
  • 幼い子供は全身に対する頭の割合が大きく胴体が長くて脚が短い

大人が小さくなった人間が子供ではありません。

子供を描く時は年齢にあわせた頭身、比率で描かなければならないことをおぼえてきましょう。

今回は全身の比率、バランスに注目して子供の描き方を説明しましたが、これはあくまで体形だけの話です。

子供を子供らしく描くには目や耳といった顔のパーツの配置も重要になってくるのですが、これはまた年齢による顔の描き分けの回で詳しく説明します。

次回は体形のシルエットによって男性と女性を描き分ける方法についてです。

それでは、また次回。

 

 

子供と大人の描き方について勉強できるおすすめの参考書

全身の比率などを学ぶのにおすすめ▼

子供の顔の描き方を勉強するのにおすすめ▼

その他の初心者向けおすすめ参考書はこちらから▼

コメント/Comment

タイトルとURLをコピーしました